復活。

1ヶ月前に階段から落ちて手首を怪我して、満足な練習ができずにいた。その1週間後に子供が入院し、付き添った私の体力も落ち、ハーフプライマリーすらもたなくなった。


そこから2週間強での今回のワークショップ。

1人じゃない練習、先生のいる練習の楽しさからか、思いの外体は動いた。


カポターサナで取れたかかと(もちろんアジャストありき)で、あたしもまだできるじゃん!的な気持ちになった。手首を痛めてからは初めてのドロップバック、カムアップで、恐怖を取っ払ってくれて、やってみようと思う気持ちにさせてくれたことが嬉しかった。



同じ時期にアシュタンガヨガを始めた先生たちの話は当時を共有できるからとにかく楽しい。


先生のアシュタンガヨガを始めた頃の話は、アシュタンガヨガを始めたばかりのなーんにもできないあたしを思い出して泣いてしまいそうだった。


グルジの話を聞いて、ふらりと行ったマイソールだったけど、あの時期がグルジの指導を受けるラストチャンスだったんだな、あたしは幸せ者だったんだなに思った。



2005年Sharth先生来日時のレッドクラスDVDを見て、ここにいたかった、もっと早く始めていれば、と昔は悔やんでいたけれど、あの時期にでもアシュタンガヨガに出会えていて良かったなと今は思う。




ミラクル。

ケン先生が福井にまでやって来て。
たっくさんの人に助けてもらって。
一緒にアシュタンガヨガをやって。


かなりステキな一日でした。
ドカンと楽しい一日でした。

胸がつまります。
マジ泣きです。

夢までの道のり。

インドにヨガ修行に行った時のこと。
シャラの階段で日本のヨガ界第一人者の先生とお話した。


「福井にはアシュタンガヨガをやってるところはないんですよ。」
そう言うあたしに先生曰く。
「自分でやったらいいじゃん。」



あたしはまだ東京に住んでいて、そりゃできたらいいけどさって思った。
クラス開いた際には来てくださいね、ってすごく言いたかったけど、
ビビリのあたしには言えなかった。


もう3年強前のことになる。でも鮮明に覚えている。



半年前に福井でアシュタンガヨガのクラスを開催し始めて、
週1回クラスが今や週3回クラスになった。
ありがたいことに生徒さんも順調に増えてきた。


先々週にはイタリア人正式指導者やって来た。
客観的に見ても、なかなかの盛り上がりで、
生徒さんたちのいい刺激になったことは
その後のクラスを見ていてよくわかる。



そしてそして。
ゴールデンウィークについに、第一人者の先生が福井にやってくる。
福井の位置さえ知らなかった先生がやってくる。すごいよね。



福井のみんなに 是非是非、本当のヨガに触れてもらいたいと思う。


まだヨガを体験したことない人たちにも、
このステキな機会を人生のヨガスタートの一日にしてもらいたいと思う。



5月4日。
福井のみんなとアシュタンガヨガがしたい。
あたしのもう一つの夢が叶う日でもある。


ステキな一日になりますように。

限りある中で。

ここのところ、なかなかの忙しさです。
体力的にかなりの疲労っぷりです、ぷりんぷりん。。


疲れたと口にしてしまったら負けな気がします、なんとなく。
がんばったと言い換えて満足することにします、自己満足です。




忙しいときほど、体がヨガを求めます。
伸ばしたい、逆転したい。
頭の中がヨガしたいしたいでいっぱいになります。


ストレス感じたときほど、心がヨガを求めます。
すべてを忘れて没頭したい。
頭の中がヨガしたいしたいでいっぱいになります。




14日ぶりのお休みがやってきました。
最近時間に迫られて練習しているので、
ゆっくりゆったり練習できる日は、とにかく嬉しいです。



時間には限りがある。
体力にも限りがある。


練習できる時間と体力とを、
心底ありがたいと思える一日でした。

夢。

この足首が完治したら、
ジャンプバックでキレイに足が抜けるんじゃないの?


最近いつもそう思う。


現実は違う。恐らく違う。


でも、そんな淡い期待を持ちながら
足首の痛みを感じつつ日々練習する。


そのくらい夢見たっていいよ、ね?